2011年09月17日

GBEV vol.105、9月22日(木)より配布スタート!

GBEV105.jpg

special coverage : FAT PROP

new album『Brand New World』 definitive interview

featuring...
GLORY HILL
BIGMAMA
山嵐
Wienners
UNLIMITS
THE VITRIOL

and more!!

FAT PROP
ピアノ・ロック・バンド:FAT PROPが、2ndフル・アルバム『Brand New World』を携えて初の表紙巻頭に登場! グッド・メロディを軸に、ジューク・ボックス的に多彩なサウンドが飛び出す、FAT PROPの真骨頂たるアルバムについて大いに語っていただきました!!

GLORY HILL
GLORY HILLのニュー・アルバム『With No Love』は、叙情感たっぷりのメロディと骨太なアンサンブルで聴き手に迫る、王道ロック・アルバム! 成長著しいメンバー4人を直撃!

BIGMAMA
7月の「秘密とルーシー」に続いて、BIGMAMAが早くもニュー・シングル「#DIV/0!」(ディヴァイデッドバイゼロ)をリリース! カウントダウンでスリリングにストーリーが展開する本作について、そして滾る胸の内をヴォーカル・金井政人が語ってくれた。

山嵐
今年、結成15周年を迎えた豪腕ミクスチャー・バンド:山嵐が、その記念としてミニ・アルバム『YAMABIKO』をドロップ&豪華メンツを迎えたツアーを敢行! KOJIMA&SATOSHIの2MCに聞く、山嵐の”これまで”と”これから”。

Wienners
昨年、1stアルバム『CULT POP JAPAN』で爆発的な登場を果たしたWienners、目覚ましい成長を刻んだミニ・アルバム『W』を完成! 本作に至るまでの紆余曲折を玉屋2060%にじっくり聞いた。『W』特設サイトも絶賛オープン!

UNLIMITS
10月6日の幣誌主催イベント@新代田FEVERにも出演してくれるUNLIMITSが、キャリア初のシングル「ハルカカナタ」をリリース! UNLIMITSの王道をいく疾走感と焦燥感に満ちた本作について、清水&郡島に聞いた。

GBEV presents LIVE HIGHLIGHTS vol.2
GBEVプレゼンツのライヴ・イベント“LIVE HIGHLIGHTS”、その第2弾が10月6日(木)、東京は新代田FEVERにて開催決定! ランナップは、locofrankUNLIMITSのガチンコ・ツーマン! 当ブログ、およびTwitterでイベントの最新情報をチェックス!


その他にもおなじみのシーン密着型ライヴ・リポート(Riddim Saunterのラスト・ライヴも!)や、耳のたしかな執筆陣によるディスク・レヴュー、もぎたて最新ニュース、ASPARAGUSの地域密着型コラム「げっくり」などなど、今号もコンパクトな誌面にコンテンツ満載。配布開始後すぐに店頭からなくなってしまうこともありますので、お早めのゲットをお願いします! ご意見/ご感想/ご要望など、みなさまからのフィード・バックもお待ちしております!!(メールはこちらからドウゾ!) 

Regulars:LOW IQ 01 / the band apart / ASPARAGUS and more!!

※GBEV(ジービーイーヴィ)は全国のライヴ・ハウス、レコード店、リハーサル・スタジオ、雑貨店などで配布されているフリー・マガジンです(毎月22日発行)。流通の都合上、地域によっては数日遅延する可能性もあり、読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。なお、最新号やバック・ナンバーの個別発送は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。






BRAND NEW WORLD
BRAND NEW WORLDFAT PROP

CAFFEINE BOMB ORGANICS 2011-09-21
売り上げランキング : 1567

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
残響リファレンス THE DIE IS CAST Change the future Looking for new joy SILVER LINING

posted by GBEV at 08:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Latest Issue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

GBEV vol.104、8月22日(月)より配布スタート!

GBEV104.jpg

special coverage : FOUR GET ME A NOTS

brand new album『SILVER LINING』 definitive interview

featuring...
99RadioService
RIDDLE
MUGWUMPS
SPACE BOYS
ノイズブラスバンド
simploop

and more!!

FOUR GET ME A NOTS
9月7日にリリースされるフル・アルバム『SILVER LINING』を引っさげて、FOUR GET ME A NOTSが初の表紙巻頭に登場! 自在なメロディック•サウンドが痛快至極な本作について、メンバー全員インタビュー&撮り下しフォトでフォーカス!!

99RadioService
“ナイン・ナインの日”(=9月9日)に、99RadioServiceの2ndアルバム『2』がリリース! 自分たちの信じるグッド・ミュージックの定義に忠実に鳴らされた本作について、Kohey&Kota兄弟に聞いた。

SPACE BOYS
実直にキャリアを重ねてきたフロム横浜のメロディック・トリオ:SPACE BOYSが、結成から8年目にして万感の1stフル・アルバムをリリース! 本誌初インタヴューで直撃した。

RIDDLE
メロディックという枠組みに留まることなく、ライヴハウス・シーンをクロスオーバーしながら駆け抜けるRIDDLEが、1年半ぶりとなる新作『SONORITY』を完成! 久々のインタビューにて、その手ごたえを語る。

MUGWUMPS
プロデューサーに堀江博久氏(the HIATUS、Billy No Mates、PUPA etc)を迎えて制作された2ndフル・アルバム『Hola, Quota!』、完成! 前例にとらわれず、新たなステージに突入したバンドの現在地を探る。

GBEV presents LIVE HIGHLIGHTS vol.2
GBEVプレゼンツのライヴ・イベント“LIVE HIGHLIGHTS”、その第2弾が10月6日(木)、東京は新代田FEVERにて開催決定! ランナップは、locofrankUNLIMITSのガチンコ・ツーマン! 当ブログ、およびTwitterでイベントの最新情報をチェックス!


その他にもおなじみのシーン密着型ライヴ・リポートや、耳のたしかな執筆陣によるディスク・レヴュー、もぎたて最新ニュース、ASPARAGUSの地域密着型コラム「げっくり」などなど、今号もコンパクトな誌面にコンテンツ満載。配布開始後すぐに店頭からなくなってしまうこともありますので、お早めのゲットをお願いします! ご意見/ご感想/ご要望など、みなさまからのフィード・バックもお待ちしております!!(メールはこちらからドウゾ!) 

Regulars:LOW IQ 01 / the band apart / ASPARAGUS and more!!

※GBEV(ジービーイーヴィ)は全国のライヴ・ハウス、レコード店、リハーサル・スタジオ、雑貨店などで配布されているフリー・マガジンです(毎月22日発行)。流通の都合上、地域によっては数日遅延する可能性もあり、読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。なお、最新号やバック・ナンバーの個別発送は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。



posted by GBEV at 09:32| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | Latest Issue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

GBEV vol.103、7月22日(金)より配布スタート!

GBEV103.jpg

special coverage : 難波章浩 -AKIHIRO NAMBA-

brand new maxi-single 『WILD AT HEART』 definitive interview

featuring...
FOUR GET ME A NOTS
pocketlife
VELTPUNCH
THE BOOGIE JACK
LINK
Mop of Head
i GO

and more!!

難波章浩 -AKIHIRO NAMBA-
ソロ最新作「WILD AT HEART」を引っさげて、Hi-STANDARD・難波章浩が表紙巻頭に登場! 震災に突き動かされるように制作された、ナンバの真摯なる想いの詰まった新作について、そして9.18に開催されるHi-STANDARD主催“AIR JAM 2011”について、大いに語ってもらいました!

FOUR GET ME A NOTS
昨年6月発表のミニ・アルバム『TRIAD』以来の新音源となるニュー・シングル「HEROINE」が完成! 9月にはフル・アルバムのリリースも控えた3人に、久々にコンタクト!

VELTPUNCH
新ドラマーに浅間直紀(ex.キウイロール)を迎えた新生・VELTPUNCHが、ニュー・アルバム『His strange fighting pose』をリリース! どこまでも自由で、突き抜けたロック・アルバムとなった本作、その突破力の要因とは?

LINK
昨年9月、解散から2年を経て復活を果たしたLINKが、通算6枚目のアルバム『夜を超えた音楽と思想』を携えて最前線に帰還! 地元・横須賀にて、LINKの「これまで」と「これから」を3人に聞いた。

Mop of Head
1stアルバム『RETRONIX』は、テクノ、エレクトロ、パンクなど様々な音楽要素を取り込みながら一直線にロック・カタルシスへと駆け上がる強力作! フロントマン・Georgeに、その制作秘話を聞いた。

pocketlife
勢いに満ちたロック、包容力に溢れた歌や雄大なアレンジまでを網羅した3rdフル・アルバム『ZOOM』、完成! メンバーが忌憚なく語る、暴発気味なテンションで描かれた本作についてのアレコレ。

THE BOOGIE JACK
真っ直ぐに感情を伝えるニュー・アルバム『GALLERIA』を携え、THE BOOGIE JACK、大復活! 本作、そしてバンドの新たな出発について、じっくり聞きました。


その他にもおなじみのシーン密着型ライヴ・リポートや、耳のたしかな執筆陣によるディスク・レヴュー、もぎたて最新ニュース、ASPARAGUSの地域密着型コラム「げっくり」などなど、今号もコンパクトな誌面にコンテンツ満載。配布開始後すぐに店頭からなくなってしまうこともありますので、お早めのゲットをお願いします! ご意見/ご感想/ご要望など、みなさまからのフィード・バックもお待ちしております!!(メールはこちらからドウゾ!) 

Regulars:LOW IQ 01 / the band apart / ASPARAGUS and more!!

※GBEV(ジービーイーヴィ)は全国のライヴ・ハウス、レコード店、リハーサル・スタジオ、雑貨店などで配布されているフリー・マガジンです(毎月22日発行)。流通の都合上、地域によっては数日遅延する可能性もあり、読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。なお、最新号やバック・ナンバーの個別発送は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。

WILD AT HEART【DVD付】
WILD AT HEART【DVD付】難波章浩-AKIHIRO NAMBA-

tearbridge 2011-07-20
売り上げランキング : 116

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
霹靂【初回限定盤】(CD+DVD) PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT STANDARD TOUR FINAL [DVD] 8 balls struggle....~BACK 4 GOOD TOUR~CHINA TOUR 2011~ [DVD] It’s shoooort time!!




posted by GBEV at 07:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Latest Issue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

GBEV vol.102、6月22日(水)より配布スタート!

GBEV102.jpg

exclusive coverage : COMEBACK MY DAUGHTERS

brand new album 『OUTTA HERE』 definitive interview

featuring...
BASSUI
TRIBAL CHAIR
LITE
T.C SPEAKER
PAN
難波章浩 -AKIHIRO NAMBA-
MAN WITH A MISSION
broadside

and more!!

COMEBACK MY DAUGHTERS
念願のニューヨーク・レコーディングより、COMEBACK MY DAUGHTERSが名盤片手にカムバック! 同時代性みたいなものを取り込みつつもタイムレスな音楽集(とにかくハートに染み込む絶品!)に仕上がった『OUTTA HERE』について、久々の表紙巻頭でフォーカス!!

BASSUI
真夏の太陽さながらの輝度を放つ2ndミニ•アルバム『PLAY GROUND』、完成! 一念発起して自らのレーベル「G.O.D RECORDS」も立ち上げ、がぜんエナジーみなぎる3人を直撃!

TRIBAL CHAIR
2年ぶりとなるTRIBAL CHAIRの新作『Crows in the cloud』が遂にリリース! 多彩な楽曲とともに新境地をアピールした本作について、根堀り葉堀り聞きました。

LITE
「今作に関しては自信がある」と豪語する、渾身の3rdアルバム『For all the innocence』が完成! 様々なサウンド・アプローチを取り込み、“完全無欠のロック•アルバム”として吐き出された本作、その核心に迫るメンバー全員インタビュー!

T.C SPEAKER
1stミニ・アルバム『Good-bye My World』をひっさげ、T.C SPEAKERが本誌初登場! のびやかなヴォーカルとエネルギッシュかつメロディアスなサウンドを鳴らす4人に要注目!

PAN
一連の15周年記念イベントと前ドラマー・元 寛貴のラスト・ライヴを収録したDVD『15 channel』がドロップ! 熱量と痛快なノリが凝縮された本作を起点に、PANの“これまで”と“これから”を探求−−。

その他にもおなじみのシーン密着型ライヴ・リポートや、耳のたしかな執筆陣によるディスク・レヴュー、もぎたて最新ニュース、ASPARAGUSの地域密着型コラム「げっくり」などなど、今号もコンパクトな誌面にコンテンツ満載。配布開始後すぐに店頭からなくなってしまうこともありますので、お早めのゲットをお願いします! ご意見/ご感想/ご要望など、みなさまからのフィード・バックもお待ちしております!!(メールはこちらからドウゾ!) 

Regulars:LOW IQ 01 / the band apart / ASPARAGUS and more!!

※GBEV(ジービーイーヴィ)は全国のライヴ・ハウス、レコード店、リハーサル・スタジオ、雑貨店などで配布されているフリー・マガジンです(毎月22日発行)。流通の都合上、地域によっては数日遅延する可能性もあり、読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。なお、最新号やバック・ナンバーの個別発送は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。

Outta HereOutta Here
COMEBACK MY DAUGHTERS

空っぽ ワンダフルノート[DVD] 革命 Mini Album「夢の跡」 Scent of August

by G-Tools




posted by GBEV at 12:14| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | Latest Issue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

GBEV vol.101、5月21日(土)より配布スタート!

GBEV101.jpg

exclusive coverage : HEY-SMITH

brand new album "FREE YOUR MIND" definitive interview

featuring...
BUZZ THE BEARS
locofrank
COMEBACK MY DAUGHTERS
ivory7 chord
MISSPRAY
G.B.E.V. presents
LIVE HIGHLIGHTS – a million issue anniversary - digest

and more!!


HEY-SMITH
底知れないポテンシャルを発揮した2ndフル・アルバム『FREE YOUR MIND』が完成! 初期衝動ムキ出しのパンクロック、フロアを一瞬でダンスホールにするスカパンクなど、あらゆる要素を飲み込んだ本作にて、HEY-SMITH、初の表紙巻頭に登場!!

BUZZ THE BEARS
躍進を遂げたアルバム『爪痕』から約1年ぶりとなる、BUZZ THE BEARSの新作『鼓動』が完成! フロントマン・越智健太を地元・大阪にて直撃。果敢に音楽性を押し広げ、バンドが次なるフェーズに踏み込んだことを告げる入魂作についてじっくり聞いた。

locofrank
約半年にもわたったロング・ツアー“STANDARD TOUR 2010”の全行程に密着した長編ドキュメンタリーDVD、そしてツアー・ファイナルとなる新木場STUDIO COAST公演を完全収録したライヴDVDが連続投下! メンバー3人が、この濃密作、そして今後の展望を本誌だけに語ってくれたレア・インタビュー掲載!

COMEBACK MY DAUGHTERS
COMEBACK MY DAUGHTERS、念願のニューヨーク・レコーディングより名盤片手にカムバック! ファニーでワクワクの『OUTTA HERE』制作の日々をフォト・ジャーナルでお届け!

ivory7 chord
突発的なメンバー・チェンジを経て、ivory7 chordが新作『Luminously』を完成! まぎれもない“ivory7 chordサウンド”を確立させたと言える渾身作について、大西俊成&直江 慶(OCEANLANE/サポート)の2人に聞いた。

G.B.E.V. presents
LIVE HIGHLIGHTS – a million issue anniversary -

お陰さまで通算100号達成! 大熱狂&大盛況となったアニヴァーサリー・イベント『G.B.E.V. presents LIVE HIGHLIGHTS – a million issue anniversary - 』を誌上ダイジェスト!!

その他にもおなじみのシーン密着型ライヴ・リポートや、耳のたしかな執筆陣によるディスク・レヴュー、もぎたて最新ニュース、ASPARAGUSの地域密着型コラム「げっくり」などなど、今号もコンパクトな誌面にコンテンツ満載。配布開始後すぐに店頭からなくなってしまうこともありますので、お早めのゲットをお願いします! ご意見/ご感想/ご要望など、みなさまからのフィード・バックもお待ちしております!!(メールはこちらからドウゾ!) 

Regulars:LOW IQ 01 / the band apart / ASPARAGUS and more!!


※GBEV(ジービーイーヴィ)は全国のライヴ・ハウス、レコード店、リハーサル・スタジオ、雑貨店などで配布されているフリー・マガジンです(毎月22日発行)。最新号やバック・ナンバーの個別発送は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。

☆【送料無料】 CD/HEY-SMITH/Free Your Mind/CBR-29


posted by GBEV at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Latest Issue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

GBEV vol.99、3月23日(水)より順次配布スタート!

COVER99.jpg

exclusive coverage : LOW IQ 01

All About "MASTER LOW GO" !!

featuring...
マキシマム ザ ホルモン
DOPING PANDA
ガガガSP
ANTI SOCIAL STUDENT
MONOBRIGHT
JAWEYE

and more!!

LOW IQ 01
我らが"イッチャン”ことLOW IQ 01が、通算5枚目のアルバム『MASTER LOW GO』を完成! これまで以上にメロディやサウンドに磨きをかけ、歌詞にも思いの丈を詰め込んだ本作の深層に迫る、まさしく“All About MASTER LOW GO”な表紙巻頭特集をお届けします!!

ガガガSP
2ヵ月で廃盤となった幻の1stシングル「京子ちゃん」や「卒業」といった数々の名曲を完全網羅したベスト・アルバム『俺様天才偉業集』が完成! ガガガSPのデビュー10周年を記念するこの濃密盤に込めた想い、制作秘話を聞いた。

DOPING PANDA
『THE BEST OF DOPING PANDA』を経て、約2年ぶりのオリジナル・アルバム『YELLOW FUNK』が遂に完成! 「これが本当のDOPING PANDA」とロックスター:Furukawaも豪語する本作について、根ほり葉ほり聞きました。

ANTI SOCIAL STUDENT
アンステ待望の3rdフル・アルバム『Primary Dream』は、ロック・バンドとしての愛と夢に満ち溢れた会心作! 彷徨の季節を経て辿り着いた現在地について、Takumiは「間違いなく今がベストな状態」と語るのだった――。

MONOBRIGHT
両A面シングル「COME TOGETHER / DANCING BABE」の発売と「DO10!!攻約宣言!」の1周年を記念したファン感謝祭的トーク&ライヴ・イベントに緊Que潜入! 笑いと興奮とサプライズ満載となった一夜をダイジェストでプレイ・バック!!

その他にもおなじみのシーン密着型ライヴ・リポートや、耳のたしかな執筆陣によるディスク・レヴュー、もぎたて最新ニュース、ASPARAGUSの地域密着型コラム「げっくり」などなど、今号もコンパクトな誌面にコンテンツ満載。配布開始後すぐに店頭からなくなってしまうこともありますので、お早めのゲットをお願いします! ご意見/ご感想/ご要望など、みなさまからのフィード・バックもお待ちしております!!(メールはこちらからドウゾ!) 

Regulars:LOW IQ 01 / the band apart / ASPARAGUS and more!!

※GBEV(ジービーイーヴィ)は全国のライヴ・ハウス、レコード店、リハーサル・スタジオ、雑貨店などで配布されているフリー・マガジンです(毎月22日発行)。東日本大震災の影響により地域によっては数日遅延する可能性もあり、読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。なお、最新号やバック・ナンバーの個別発送は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。

MASTER LOW GO / LOW IQ 01 (CD - 2011)


posted by GBEV at 05:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Latest Issue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

GBEV vol.98、2月22日(火)より配布スタート!

GBEV98.jpg

exclusive coverage : the band apart

brand new album "Scent of August" definitive interview

featuring...
UNLIMITS
LOW IQ 01
SORRY FOR A FROG
enie meenie
DOPING PANDA
ガガガSP
VIVASNUT

and more!!

the band apart
いつになく旺盛な創作と勤労(?)意欲のもと、新たな旋律とビートを求めて夜な夜な狩りに繰り出していたバンド・アパートが、遂に5thアルバム『Scent of August』を完成! 「オール捨て曲。前代未聞のアルバムだよ」と原氏が以前語っていた通り、選りすぐりの捨て曲を詰め込んだ本作……なわけなくて(笑)、どこを切っても爽快にしてハイセンスなバンアパ汁の溢れ出る、過去最高レベルの大・大・大充実作! 前回『the Surface ep』でご好評いただいた“メンバー全員による全曲解説”をお届けします!!

UNLIMITS
UNLIMITSより、渾身の2ndフル・アルバム『トランキライザー』到着! 「これぞ、UNLIMITS!」なド直球のメロディック歌謡ナンバーをはじめ、かつてなくブライトなミドル・チューンも収められた“突破作”といえる一枚だ。3月5日(@横浜 F.A.D)から怒濤の全国ツアー“トランキライザーTOUR 2011”を控えた4人全員に手応えを聞いた。

LOW IQ 01
待望のニュー・アルバム『MASTER LOW GO』、4月13日にリリース大決定! 厳戒令下のレコーディング・スタジオ@梅ヶ丘に独占潜入、TGMXらゲストも招いて絶賛作業中のイッチャンを直撃っ!!

SORRY FOR A FROG
「イメージ以上のものが出来て、最高傑作だって自分たちでは思ってます(Mar-T)」との言葉通り、SORRY FOR A FROG 3枚目のアルバムとなる『HAPPY SONGS FOR OUR TOMORROW』は、彼らのサウンドが最高値でスパークした会心作! 本作の製作秘話/バック・グラウンドをフロント2人に聞いた。

enie meenie
実に3年ぶりの3rdアルバム『Tokyo reflection』にて、enie meenie新境地へ到達!? 疾走感溢れるパワーポップ・サウンドから大きな一歩を踏み出した今作について、インフルエンザと闘病中(苦笑)だったメイン・コンポーザー:落井氏にメール・インタビューで答えてもらった。

その他にもおなじみのシーン密着型ライヴ・リポートや、耳のたしかな執筆陣によるディスク・レヴュー、もぎたて最新ニュース、ASPARAGUSの地域密着型コラム「げっくり」などなど、今号もコンパクトな誌面にコンテンツ満載。配布開始後すぐに店頭からなくなってしまうこともありますので、お早めのゲットをお願いします! ご意見/ご感想/ご要望など、みなさまからのフィード・バックもお待ちしております!!(メールはこちらからドウゾ!) 

Regulars:LOW IQ 01 / the band apart / ASPARAGUS and more!!

※GBEV(ジービーイーヴィ)は全国のライヴ・ハウス、レコード店、リハーサル・スタジオ、雑貨店などで配布されているフリー・マガジンです(毎月22日発行)。最新号やバック・ナンバーの個別発送は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。

Scent of August / the band apart (CD - 2011)


posted by GBEV at 06:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Latest Issue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

GBEV vol.97、1月22日(土)より配布スタート!

GBEV97.jpg

exclusive coverage : DOPING PANDA

brand new album "THE BEST OF DOPING PANDA" definitive interview

featuring...
STARBOARD
Dirty Old Men
winnie
ASSHOLE UNITE
aie
MONOBRIGHT
BIGMAMA

and more!!

DOPING PANDA
“ドーパン”ことDOPING PANDAが、キャリア初となるベスト・アルバムをリリース! インディーズ〜メジャーまでを2ディスクに詰め込んだ、この特濃盤にして決定盤について、ロックスター・Furukawaを直撃。久々の表紙巻頭にて、吠える!!

STARBOARD
去る1月10日の下北沢SHELTER公演をもって、惜しまれながら活動を休止したSTARBOARD。その決断の真意について、フロントマンである今村寛之(Vo&G)が本誌だけに独白! 現在の音楽シーン全体にまで話が及ぶ高密度なインタビューは、すべての音楽愛好家たち必読!

Dirty Old Men
Dirty Old Menの入門編にして決定版と言うべき、1stアルバム『GUIDANCE』が完成。ボーカル・高津戸の透き通った歌声も、熱さと繊細さを兼ね備えたサウンドも、詞のメッセージ性も、すべてが聴く者の心の琴線に触れる本作について、メンバー全員取材で迫った。

winnie
前作『Dye Myself Black』でバンドとしての強度を高めたwinnieが、約1年ぶりとなる新作『Synchronized』をリリース! winnieの進化を遂げた姿がしっかりと投影された本作について、気鋭のライター・ヤコウリュウジ氏が迫る!

ASSHOLE UNITE
パンク・シーンで頭角を現しつつあるASSHOLE UNITEが、結成5年目にして初のアルバム『changes』を完成! まだ粗削りであるものの、一路“希望の未来”へと爆走する肯定力に溢れた本作について、メンバー全員に聞いた。

その他にもおなじみのシーン密着型ライヴ・リポートや、耳のたしかな執筆陣によるディスク・レヴュー、もぎたて最新ニュース、ASPARAGUSの地域密着型コラム「げっくり」などなど、今号もコンパクトな誌面にコンテンツ満載。配布開始後すぐに店頭からなくなってしまうこともありますので、お早めのゲットをお願いします! ご意見/ご感想/ご要望など、みなさまからのフィード・バックもお待ちしております!!(メールはこちらからドウゾ!) 

Regulars:LOW IQ 01 / the band apart / ASPARAGUS and more!!

※GBEV(ジービーイーヴィ)は全国のライヴ・ハウス、レコード店、リハーサル・スタジオ、雑貨店などで配布されているフリー・マガジンです(毎月22日発行)。最新号やバック・ナンバーの個別発送は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。



posted by GBEV at 09:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Latest Issue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

GBEV vol.96、12月22日(水)より配布スタート!

GBEV96.jpg

exclusive coverage : SpecialThanks

brand new album "SEVEN LOVERS" definitive interview

featuring...
LOW IQ 01
DOPING PANDA
PINKLOOP
Any
ONE WAY TRIBE
and more!!

SpecialThanks
SEVEN LOVERS / SpecialThanks (CD - 2011)
来年1月26日にリリースされる、SpecialThanks待望の1stフル・アルバム『SEVEN LOVERS』最速インタビュー奪取! 「これぞスペサン!」な心踊るPOP PUNKをはじめ、新たな音楽的展開をみせたどこかダークな曲調、あるいは壮大なバラードもあって、聴き応えは格別だ。初の表紙巻頭にて、本作に至るまでの苦悩と葛藤、そして歓喜を、Misaki(Vo&G)とNochi(Dr)に聞いた。必読!

LOW IQ 01
DIS IT(仮) [Single, Maxi] / LOW IQ 01 (CD - 2011)
約1年半ぶりとなるイッチャンのニュー・シングル「DIS IT」が遂にリリース! 彼の持つメロディ・センス、切れのいいビート感が前面に出た痛快なタイトル・チューンを始め、2曲のカップリング、さらにCubismo GraficoとDE DE MOUSEによるリミックスも収録。充実の一枚を完成させたイッチャンに、気鋭のライター・土屋氏が迫る!

DOPING PANDA
THE BEST OF DOPING PANDA / DOPING PANDA (CD - 2011)
“ドーパン”ことDOPING PANDAの全キャリアを網羅した特濃ベスト、その名も『THE BEST OF DOPING PANDA』が年明け早々リリース! 次号での表紙巻頭を前に、12月11日に行われた“DP SUMMIT”@新代田FEVERに潜入。ドーパンのネクスト・ステージを紐解きます。

PINKLOOP
Egoist Plus Cracker / PINKLOOP (CD - 2010)
前作リリース後にYOS(G)が脱退、そして新作完成後に長らくサポートを務めていたK(G)が加入。さらにレーベルも移籍と、様々な季節を経て、待望の7thアルバム『Egoist Plus Cracker』が完成! エモの切なさ、ライヴの疾走感など、彼らの核が露わになった今作について、知られざる制作秘話を聞きました。

Any
(仮)宿り木 / Any (CD - 2010)
これぞまさしく、日本語ロックの新たな王道――日本人ならではのセンス、そして情感豊かな音色の担い手・Anyが、1stフル・アルバム『宿り木』を完成させた。様々な人と出会い新たな世界を拓き、大切な人との別れを経験し……。ひと回りもふた回りも大きくなった現在の彼らに、メンバー全員インタビューで迫った(サイン色紙のプレゼントもあります!)。

その他にもおなじみのシーン密着型ライヴ・リポートや、耳のたしかな執筆陣によるディスク・レヴュー、もぎたて最新ニュース、ASPARAGUSの地域密着型コラム「げっくり」などなど、今号もコンパクトな誌面にコンテンツ満載。配布開始後すぐに店頭からなくなってしまうこともありますので、お早めのゲットをお願いします! ご意見/ご感想/ご要望など、みなさまからのフィード・バックもお待ちしております!!(メールはこちらからドウゾ!) 

Regulars:LOW IQ 01 / the band apart / ASPARAGUS and more!!

※GBEV(ジービーイーヴィ)は全国のライヴ・ハウス、レコード店、リハーサル・スタジオ、雑貨店などで配布されているフリー・マガジンです(毎月22日発行)。最新号やバック・ナンバーの個別発送は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。



posted by GBEV at 06:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Latest Issue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

GBEV vol.95、11月22日(月)より配布スタート!

GBEV95.jpg

exclusive coverage : ANCHOR

brand new album "Asterism" definitive interview

featuring...
GLORY HILL
S.M.N.
MEANING
GENERAL HEAD MOUNTAIN
OCEANLANE
pocketlife
the loud function
and more!!

ANCHOR
11月10日にドロップされ、大きな反響を巻き起こしている1stミニ・アルバム『Asterism』を携えて、3ピース・バンド・ANCHORが初の表紙巻頭に登場! iTunesの注目枠“今週のシングル”に抜擢された「LOST SONG」をはじめ、素朴ながら清冽なエネルギーを持った全7曲は、ANCHOR躍進を勢いづけるに十分なクオリティ。メイン・コンポーザーである三浦健太郎の生い立ちにまで遡ってANCHORの実像に迫ったディープ・インタビューを、ここに!

GLORY HILL
前作『Signs』から約1年ーーGLORY HILL渾身のニュー・アルバム『REVIVE』が遂に完成! プレイ・ボタンを押した瞬間、グンと跳ねあがる興奮や衝動をそのまま音へと変換してみせた、間違いなくキャリア最高作といえる本作について、メンバー全員に聞いた。

S.M.N.
今年9月に初のUSレコーディング・アルバム『REPAINT IT NEW』を発表したS.M.N.が、わずか3ヵ月(!)のインターヴァルで早くも次なるアルバム『Break Open the Door』をドロップ! 「メロコア大好き!」、そんな3人の無垢なる想いが気持ちよく弾けた本作から浮かび上がった、S.M.N.の原点を巡ってーー。

MEANING
ピザ・オブ・デスが送り込む久々のニュー・カマーにして無二の刺客、MEANING、登場! 先のビッグ・イベント“DEAD AT BAY AREA”にも出演を果たし戦列なステージを見せつけた彼ら。その精神的支柱と言える存在=HAYATO単独インタヴューでバンドの実体に迫った。

GENERAL HEAD MOUNTAIN
新しい扉を開いた記念碑的アルバム『バタフライエフェクト』、完成! 新たに手練のプロデューサー陣を迎え、より懐の深い表現を獲得したGENERAL HEAD MOUNTAIN。ヴォーカル&ベースの松尾昭彦に作品の手ごたえを聞いた。

OCEANLANE
全14曲、1時間超えの大作アルバム『Urban Sonnet』が遂にリリース! 生きる喜びが弾けるような前作『CROSSROAD』とは対照的に、どこか内省的で、ダークな手触りを持った本作について、創と慶というふたりのソングライターに聞いた。

the loud function
叫びながら疾走するような激情的ロック・サウンド、あるいは叙情性たっぷりの歌で聴き手を魅了するthe loud function、本誌初登場! 攻めのニュー・シングル「シュガー」リリースを機に、メンバー全員インタビューを試みた。

その他にもおなじみのシーン密着型ライヴ・リポートや、耳のたしかな執筆陣によるディスク・レヴュー、もぎたて最新ニュース、ASPARAGUSの地域密着型コラム「げっくり」などなど、今号もコンパクトな誌面にコンテンツ満載。配布開始後すぐに店頭からなくなってしまうこともありますので、お早めのゲットをお願いします! ご意見/ご感想/ご要望など、みなさまからのフィード・バックもお待ちしております!!(メールはこちらからドウゾ!) 

Regulars:LOW IQ 01 / the band apart / ASPARAGUS and more!!

※GBEV(ジービーイーヴィ)は全国のライヴ・ハウス、レコード店、リハーサル・スタジオ、雑貨店などで配布されているフリー・マガジンです(毎月22日発行)。最新号やバック・ナンバーの個別発送は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。

Asterism / ANCHOR (CD - 2010)



posted by GBEV at 06:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Latest Issue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。